LINE@I am here

現在のカゴの中

商品点数:0点

合計金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

リーダーシップを求める方に。
ハイパースシーン
ダイヤ並みの輝きと透明度を持つ水晶。
ハーキマーダイヤモンド
金運を高めるとされる石。
パイライト
紫外線で色が変わる不思議な石。
ハックマナイト
我が国を代表する宝石で6月の誕生石です。
パール(真珠)
別名はテンペスト(嵐)ストーン。
ピーターサイト
龍脈の発生源たる“崑崙”の水晶。
ヒマラヤ水晶
十字の光の星が浮かぶ黒字のダイオプサイド。
ブラックスター
心身の浄化し。精神的調和と安定の石。
ブラックトルマリン イン クォーツ
献身を象徴する石。3月の誕生石です。
ブラッドストーン
人との結びつき、縁を象徴する石。
ブルーカルセドニー
第三の眼と呼ばれる心眼を開く石。
ブルータイガーアイ
和合を象徴し、人間関係を円満に導く石。
ブルーレースメノウ
努力と根気を象徴する石。
プレナイト
魂を浄化し精神力を高める癒しの石。
フローライト
戦闘の神“マルス”の石。勝利と帰還の護符。
ヘマタイト
努力と根気を象徴する石。
ペリドット
星入り水晶と呼ばれる幸運のお守り石。
ホーランダイト イン クォーツ>
純粋・無垢を象徴する石。
ホワイトハウライト
リーダーシップを求める方に。
ハイパースシーン

Hypersthene
エンスタタイトやパイクロシーンの中間に属す石とされ、ガラス質の漆黒の色合いを持ち、多くはシラー(光の散乱効果)やシャトヤンシー(猫目効果)を持ちます。呼び名の由来はギリシャ語の“超越(hyper)”した“強さ(sthenos)”にあり、非常に強いパワーを持つとされています。和名は“紫蘇輝石”です。優れた指導者になる為の石と云われており、言動において思慮深く、且つ決断力を養うとされており、忍耐と信念、誠実さと温情により深い信頼を得られるよう導いてくれるとされています。ビジネスにスポーツに、リーダーシップを発揮する必要のある方に最適な石と言えるでしょう。
ダイヤ並みの輝きと透明度を持つ水晶。
ハーキマーダイヤモンド

Herkimer Diamond
アメリカ、ニューヨーク州ハーキマー地区で産出される水晶です。両サイドにポイント(尖端)を持つダブルターミネイトで、クリアでまばゆい輝きを放つ結晶です。他の水晶に比べて透明度が高いこと、ダイヤモンドと同じ8面体の結晶とよく似ていることからその名がつけられました。心身共に深い癒しを与え、健康や感情(恋愛)を正しく導く「夢見の石」、夢の中で「気づき」を与え、潜在意識を十分に引き出して自己実現へと繋がる願望を叶える石と云われています。夢を叶える効果があるということで、「ドリームクリスタル」とも呼ばれています。
金運を高めるとされる石。
パイライト

Pyrite
和名を“黄鉄鉱”と呼び、金に似た黄金色と金属光沢を持ちます。パイライトは古来より火打石として使われていたためギリシャ語の“火(pyr)”が呼び名の由来とされています。“愚者の黄金”と蔑まれたこともありましたが、ラピスラズリなどの石に含まれる黄金の輝きの正体はこのパイライトなのです。火花を散らす石でもあることから、やや攻撃的でアグレッシブな性質の石とされており、持ち主の心、問題の核心を遠慮なく突くことで意識改革をうながすと云われています。その火花は災いを遠ざけ持ち主を守ってくれるとされています。またその閃光は直感力や分析力、創造力を活性化するとされ、金よりも高い硬度と相まってその金色の輝きは、着実・堅実に歩む者の金運を高めるとされています。
紫外線で色が変わる不思議な石。
ハックマナイト

Hackmanite
ハックマナイトはソーダライトの変種で、紫外線に当たると変色して色が濃くなるという不思議な性質を持っています。緑色系スペクトルの強い太陽光の下では数分で紫外線を吸収し、淡いパープルピンクもしくは乳白色から濃いパープルピンクもしくは薄乳赤紫色に変化します。屈折による変色ではなく石そのものが変色する、天然石のコレクターに大変人気の高い石です。ハックマナイトはとても楽しいエネルギーを持つ石で、喜びの感情を刺激します。
集団の中に溶け込む事を助けたり、躁鬱傾向のある人にも良い影響を与えます。
とてもポジティブなエネルギーを持つ石ですので、良い意味で精神的変化を促してくれる石とされています。
我が国を代表する宝石で6月の誕生石です。
パール(真珠)

Pearl
6月の誕生石でもある真珠は生物起源の宝石です。アコヤ貝などの貝の中に入った異物に、カルシウムと蛋白質の薄膜が交互に積み重なることでパールの層が生成されます。貝の種類によって様々な色合い、形状のパールがあり、また海水と淡水でも違いが見られます。日本では古くから使われてきましたが、真珠王の異名を取る御木本幸吉が19世紀後半に養殖真珠の産業化に成功したこともあり、今では我が国を代表する宝石となっています。パールには痛みや苦しみを幾重にも包み込んで優しく閉じ込めるパワーがあるとされており、特に女性にはたおやかさと気品を与えるとされています。また、風水では恋愛運向上の宝石として出会いを引き寄せ、愛を育み、結婚、出産しては母性を高めるパワーがあるとされています。
別名はテンペスト(嵐)ストーン。
ピーターサイト

Pietersite
ナミビアで発見された石で、呼び名の由来はその発見者シド・ピーターズの名前です。タイガーアイに近い石ですが、地殻変動により粉砕された石が、再び長い時間をかけて生成されたものとされており、渦巻く模様にシャトヤンシー効果を持つことなどから、別名“テンペスト(嵐)ストーン”とも呼ばれます。“理性”を象徴するとされ、知性・理解力・感性を高めてくれるとともに不安を取り除き、自身の目標に向かって成長するための道筋を示してくれると云われています。また“神の王国の鍵を秘める石”とされており、混乱や恐れを鎮め、清浄な魂により自らの神性を悟らせるとされています。
龍脈の発生源たる“崑崙”の水晶。
ヒマラヤ水晶

Himaraya Quartz
地上最高峰のパワースポットと云われるヒマラヤ山脈から産出される水晶です。風水においては全ての龍脈の発生源たる“崑崙”とされ、ネパールなどでは神々の住む山とされて崇められてきました。山脈は神々の領域であり、また人々の祈り、信仰心の集積地たるその地で生成された水晶は、まさに“神聖なる石”に他なりません。それゆえヒマラヤ水晶は通常の水晶よりも高いレベルの波動を放つとされ、穢れを祓う浄化力はもちろん、古代からの奥深い叡智をも内包していると云われています。
十字の光の星が浮かぶ黒字のダイオプサイド。
ブラックスター

Blackstar
ダイオプサイドは半透明ないし透明でガラス光沢を持つ石です。名前の由来はギリシャ語で透明という意味の"diopsis"に由来します。スターダイオプサイドは針状のマグネサイトがインクルージョンされ、十字の光の星が浮かぶスター効果が見られる石で、中でも黒地のスターダイオプサイドをブラックスターという別名で呼びます。ブラックスターは精神的に落ち着きをもたらす石として知られており、冷静で理性的な判断ができるようになると云われています。またネガティブな感情から持ち主を守り、持ち主のエネルギーを強化すると云われています。
心身の浄化し。精神的調和と安定の石。
ブラックトルマリン イン クォーツ

Black Tourmaline in Quartz
水晶の中にブラックトルマリンが棒状に内包されているものをブラックトルマリン イン クォーツと呼びます。トルマリンはスリランカの公用語であるシンハリ語で“多くの物を持つ”という意味の“turmali”に由来しています。和名は“電気石”です。電気的な性質が強い鉱物で、特殊な条件下ではマイナスイオンを発生させることが知られています。また、トルマリンは単独の鉱物名ではなく、ホウ素を主要構成元素とする珪酸塩鉱物のグループ名で、13種類もの鉱物が属しています。色彩の変化にも富み、無色の物から赤、黄、緑、青、紫、褐色、そして黒と様々な色彩があり、中には1つの結晶で複数の色彩を併せ持つものまで存在します。そのため色彩の違いからショール(黒)、インディコライト(青)、ドラバイト(黄・オレンジ)など様々な呼び名に分けられます。色合いによる特徴が異なりますが、総じてトルマリンは心身を浄化し、精神的調和と安定、集中力・理解力を高めるパワーをもたらすとされています。
献身を象徴する石。3月の誕生石です。
ブラッドストーン

Blood Stone
3月の誕生石でもあるブラッドストーンは、暗緑色の碧玉に鮮やかな赤色の斑点を持つもので、この斑点が血飛沫のようであるために“ブラッドストーン”と呼ばれています。和名もまた“血石”“血星石”“血玉髄”など、血にまつわる名で呼ばれています。キリスト教では“殉教者の石”、ギリシャでは神話をもって“ヘリオトロープ”とも呼ばれています。主要産地であるインドでは、古来より止血薬や媚薬としても利用されてきた石です。ブラッドストーンは“献身”を象徴し、一途な愛、揺るがぬ信念・目標には困難にくじけない勇気を与え、恋愛成就、目標の達成に導いてくれるとされています。
人との結びつき、縁を象徴する石。
ブルーカルセドニー

Blue Chalcedony
ブルーカルセドニーは着色されていない状態で柔らかい青みを帯びたカルセドニーを指します。カルセドニーは珪酸を含んだ溶液から沈殿形成された微小な石英の集合体で、和名の玉髄とは石の空洞部がまるで骨髄のように見えることから名づけられました。カルセドニーとアゲートはその生成過程、成分においてほとんど同じと言っても良い石で、色が均一に近く模様が無いものをカルセドニー、様々な模様を持った物をアゲートとして分類します。カーネリアン、クリソプレーズ、ブルーレースアゲートなどがそれにあたります。ブルーカルセドニーはとても穏やかなエネルギーを持ち、人との結びつき、縁を象徴する石です。また、精神をとても優しく癒してくれる石であり、安らかな気持ちをもたらしてくれる石でもあります。
第三の眼と呼ばれる心眼を開く石。
ブルータイガーアイ

Blue Tiger's Eye
タイガーアイとともに産出される石ですが、地中に於いて酸化を経ていない若い石で、主成分たるクロシドライト本来の青い色合いが残っている石です。ブルータイガーアイ(青虎眼石)と呼ばれ、別名を“狼眼石”とも“ホークアイ、ファルコンアイ(鷹眼石)”とも呼びます。カットによる光線が鷹の眼のように見えることに由来します。遥か遠くの獲物を狙う鷹の眼に似たこの石は、知性と叡智を授け、「第三の眼」と呼ばれる心眼が開くよう導いてくれると云われています。“決断”“前進”を象徴し、正しい行動力や判断力が高まり常にあるべき道筋を照らしてくれると云われています。また邪悪なエネルギーを跳ね返し、鷹のようにすべてを見通す力を身につけられるとされることから、ビジネスマンに人気が高く、仕事運、金運アップの護符として身に付ける方が多い石です。
和合を象徴し、人間関係を円満に導く石。
ブルーレースメノウ

Blue Lace Agate
淡い水色の瑪瑙(メノウ)にレースのように重なり合う縞模様が見られる石です。縞模様のない石はブルーカルセドニーと呼んで区別されます。和名は“空色縞瑪瑙”です。チベットでは蓮の華に例えられ、「神の石」として崇められていました。危険を回避する護符として大切にされていたそうです。色合いからも清浄感とヒーリング感を持つブルーレースメノウは、その波動で持ち主の心を穏やかにし、緊張をほぐして不安やストレスから解放された安らぎで満たしてくれると云われています。また“和合”を象徴し、周囲の人々への優しい思いやりの気配りをうながして、人間関係を円満に導いてくれるとされています。
努力と根気を象徴する石。
プレナイト

Prehnite
まるで淡いグリーンのマスカットを思わせるこの石は、和名もそのまま“葡萄石”と呼びます。色合いではなく原石が葡萄の房を思わせる状態で発見されることがあるからだそうです。呼び名の由来は発見者たるプレーン男爵の名に因んでいます。奥ゆかしい色合いのプレナイトですが、その芯には強固なパワーを宿しており、“努力と根気”を象徴する石でもあります。思考力と直感力を高め、その洞察力によって真実を見抜いて正しい判断を下す力を与えてくれるとされています。強い意志と信念、粘り強い根気と努力で目標に立ち向かう力を与え、積極的な決断力で成功に導くと云われています。
魂を浄化し精神力を高める癒しの石。
フローライト

Fluorite
ラテン語の「fluere(流れるという意味)」が名前の由来で、和名は蛍石です。フローライトはトルマリンに次いで豊富なカラーバリエーションを持つ天然石です。その色彩は、クリア、グリーン、パープル、ブラウン、イエロー、ブルーなど様々で、中には二色以上が層状に交じり合ったバイカラーもあり(レインボーフローライトとも呼ばれます)、色によって少しずつ違った意味合いを持った神秘的な石です。総じて滞っていた流れを良くし、気の流れを整えてくれます。集中力をと思考力を高める力があるとされており、魂をも浄化し精神力を高める石とも言われています。また、ストレスを軽減し、マイナス的思考を払拭すると共に希望を与えてくれる力もあるとされる癒しの石でもあります。
戦闘の神“マルス”の石とされた勝利と帰還の護符。
ヘマタイト

Hematite
ヘマタイトは鉄を含む酸化鉱物の一種で、ガンメタリックな金属質の石です。切断や研磨の際には深紅の粉を出すため、ギリシャ語で血を意味する“hema”が呼び名の由来とされています。和名は“赤鉄鉱”です。比重が高くずっしりした重量感があり、男性的な生命力にあふれた石とされています。ローマ神話における戦闘の神“マルス”の石とされ、戦場での勝利と帰還の護符として使われていました。好戦的な性質とされていますが、それは正義と友愛を守護するものと云われています。また、静電気や電磁波を防ぐ効果があるとされ、磁気を帯びさせたそれは健康グッズとして利用されています。
内面から美しく輝かせる石。8月の誕生石です。
ペリドット

Peridot
オリーブ色のこの石は“オリビン”と呼ばれ、和名の“カンラン石”もオリーブを意味していますが、アラビア語に由来するとされる“ペリドット”の意味は詳らかではありません。8月の誕生石であるペリドットは、その組成が隕石に似ているため“太陽の石”とも言われて崇められてきました。闇への恐れ、妄想、自失や不安、怒りや悲しみといった負のエネルギーやネガティブな感情。闇に輝きを放つとされるペリドットはそれらネガティブなエネルギーを一掃し、明るい希望と勇気に満ちた向上心、内面から美しく輝かせるポジティブなエネルギーを与えてくれるとされています。また、知恵と分別を与え、夫婦和合の石としても知られています。
星入り水晶と呼ばれる幸運のお守り石。
ホーランダイト イン クォーツ

Hollandite in Quartz
水晶のなかにホーランダイト(ホランド鉱)が放射状の結晶として内包(インクルージョン)されたもので、その見た目からスタークォーツ(星入り水晶)、スパイダークォーツ(蜘蛛入り水晶)と呼ばれます。六角柱状のきれいな自形結晶をなすことの多い二酸化ケイ素 が結晶してでできた鉱物で、内部の不純物により無色から白、黒、紫、ピンク、黄色、赤茶、緑など、色合いには様々なバリエーションがあります。マダガスカル島で採掘される物が多く、願いが叶う星、幸運を捕らえる蜘蛛の巣に通じるとして、幸運のお守り石として大切にされています。
純粋・無垢を象徴する石。
ホワイトハウライト

White Howlite
白いターコイズといった趣の石で、呼び名の由来はカナダの鉱物学者H.Howの名前からとされています。和名は“ハウ石”で、微光沢の白地に無彩色の脈状模様があり、多孔質で染色が容易なためにトルコ石やラピスラズリなどのイミテーション素材として使われることもあり、また見た目がそっくりなマグネサイトがハウライトとして流通しているケースも少なくないといわれています。ホワイトハウライトは“純粋・無垢”を象徴し、癒しの力と浄化の力が非常に高い石とされています。傷ついた感情を和らげ、心身ともに清らかにすることで、自分自身を見つめ直し新たな可能性を探る機会を与えてくれると云われています。