LINE@I am here

現在のカゴの中

商品点数:0点

合計金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

純粋・清純を象徴するディスティーン石。
カイヤナイト
信頼と愛の石。1月の誕生石です。
ガーネット
勇気と勝利の護符。7月の誕生石です。
カーネリアン
財運、仕事運、家族運を高める庭園水晶。
ガーデンクォーツ
複眼の思考をもたらす石。
カルサイト
霊力を高めると云われる鉄隕石。
カンポ デル シエロ
46億年の時の摂理と真理を宿す隕石。
ギベオン
4つの石が混在する混合鉱物
クォンタムクアトロシリカ
純粋と浄化を司る日本の国石。4月の誕生石。
クリスタル(水晶)
金運を引き寄せる商売繁盛の石。
クリソコラ
調和と安定を司る穏やかな守護石。
クリソプレーズ
シャーマンクリスタルと呼ばれる開運水晶。
グリーンファントム
純粋さと無償の愛を象徴する石。
クンツァイト
周期表32番目の元素。健康増進に効果。
ゲルマニウム
潜在能力を引き出してくれる石。
コスモオーラ
海の宝石・珊瑚。3月の誕生石です。
コーラル
金を蒸着させた水晶。
ゴールデンオーラ
純粋・清純を象徴するディスティーン石。
カイヤナイト

Kyanite
ギリシャ語で青を意味する“kyanos”が呼び名の由来で、和名は“藍晶石(らんしょうせき)”です。カイヤナイトは結晶に対する方向により硬度が大きく異なる性質を持っており、このことから“ディスティーン(二つの力)”とも呼ばれます。物事の多面性を示唆する石として様々なパワーが混在すると云われています。洞察力を高めて意識を拡大し、強い精神力と創造力で困難に立ち向かう力を与えてくれると云われる一方、美しい色合いからは“純粋・清純”を象徴し、繊細でやさしい包容力を培い、心に深い落ち着きをもたらしてくれる石とされています。
信頼と愛の石。1月の誕生石です。
ガーネット

Garnet
ラテン語で“種子”という意味の“granatus”に由来するとされるガーネットは、日本ではざくろに似ていることから“ざくろ石”と呼ばれています。世界各地で神聖な石として崇められ、“信頼と愛の石”“一族の結束”を象徴する石として大切にされてきました。1月の誕生石でもあるガーネットは“実りの象徴”ともされ、積み上げてきた努力が報われ、その成果を実らせて、成功へ導いてくれると云われています。困難にあっては忍耐力を与え、それを乗り越える勇気と情熱、力強い信念を授けてくれます。また恋愛成就の“実り”でもあり、深い愛情と絆をもたらす“一途な愛”を象徴する石でもあります。
勇気と勝利の護符。7月の誕生石です。
カーネリアン

Carnelian
語源はラテン語で“肉”という意味の“carnis”、または“新鮮”という意味の“carneolus”に由来し、古代エジプトでは“幸運を呼ぶ石”として身に着けられていました。古くから護符として大切にされ、戦士が戦場へとおもむく際には“勇気と勝利”のお守りとして身に着けていました。ナポレオンが常に携帯していたとされるカーネリアンの八角形の印章が有名です。カーネリアンは7月の誕生石であり、可能性を発揮させ、勝利に導き、未来を創造するお守り石として大切にされてきました。思考力・判断力・集中力を高めて心の迷いを振り切る力となり、好奇心・向上心・目的意識・積極性を高めて臆病な心を退け、力強い勇気を与えて成功へと導くと云われています。さらには絆を強める力があるとされるので、対人関係を平穏、力強くするとされています。
財運、仕事運、家族運を高める庭園水晶。
ガーデンクォーツ

Garden Quartz
ガーデンクォーツは成長する過程で、周囲にある別の物質を内部に取り込みながら成長した水晶です。中に入っている鉱物が、まるで大自然の様々な風景を取り込んだ美しい庭園のように見えることから、和名では“庭園水晶”“苔入り水晶”“草入り水晶”などと呼ばれています。美しいものになるとまさにアートと言えるものもあり、強いヒーリングパワーを発揮すると云われています。自身の心を映し出すと云われるガーデンクォーツは、天高き次元からのメッセージを受け取るとされるルチルクォーツと非常に相性の良い石とされており、古くは華僑の人々に、財運、仕事運、家族運などを高める石として重要視されてきましたが、近年日本でもその人気が高まってきています。
複眼の思考をもたらす石。
カルサイト

Calcite
カルサイトの名前はラテン語の「calcit(石灰)」という単語に由来します。和名は「方解石(ほうかいせき)」です。炭酸塩鉱物の一種で炭酸カルシウムからできており、大理石や鍾乳石、白亜(チョーク)、貝殻、珊瑚などを構成している成分でもあります。鉱石として扱われる場合には「石灰岩」と呼ばれます。鉱物の中でも最も変化に富んだ結晶を形成し、不純物の混ざり具合によって様々な色合いが楽しめます。無色透明の方解石は「複屈折」という性質を持ちます。これは光が透過したときに二つの光線に分けられる現象のことです。また「完全劈開」という、特定の方向に割れやすい性質を持っています。この多彩な形状と彩り、複屈折という特異な性質から、カルサイトは「複眼の思考」、ダイナミックなインスピレーションをもたらす石だといわれています。
霊力を高めると云われる鉄隕石。
カンポ デル シエロ

Camp del Cielo
カンポ・デル・シエロ隕石は、オクタヘドライト(ニッケルの含有率6~14%)に分類される鉄隕石です。1576年にアルゼンチン北部チャコ州で発見された稀少な隕石(メテオライト)で、「空から鉄の塊が降ってきた」という先住民の言い伝えからスペインの探検隊が発見したと云われています。隕石の落下した地が「天の原」~Campo del Cielo~と呼ばれていたことが名前の由来となっており、古くから「神聖なる石」として 崇拝され、霊力を高める働きがあると云われています。鉄隕石は錆びやすいので、水に濡らしたり、湿度の高い場所に保管することは絶対に避けて下さい。
46億年の時の摂理と真理を宿す隕石。
ギベオン

Gibeon
ギベオンは太陽系より飛来した“メテオライト(隕石)”です。ナミビア共和国ギベオンで発見されたため“ギベオン隕石”と呼ばれています。46億年という気の遠くなる遥かな時間の彼方に誕生した石なのです。主成分は鉄で、ニッケル、ゲルマニウム、イリジウムにより生成されています。この隕石の特徴に“ウィンドマンシュテッテン構造”と呼ばれる細かい網目模様がありますが、これは100万年以上の時間をかけて生成されるもので、人工的に生成することは不可能と立証されています。途方もない時を超えたギベオンには“時の摂理と真理”が宿っており、持ち主の精神的資質の覚醒を促し、自己革新をもたらしてくれる強力な高次のパワーを有しているとされています。
4つの石が混在する混合鉱物。
クォンタムクアトロシリカ

Quantum Quattro Silica
南アフリカのナミビアにおいて比較的近年発見された石で、クリソコーラ、シャッタカイト、マラカイト、クォーツなどの混合鉱物です。 クォンタム・クアトロ・シリカと呼ばれます。名前の由来は量子(クォンタム)、4(クアトロ)、二酸化珪素(シリカ)から来ており、「クォンタム・クアトロ・シリカ」の名は鉱物名ではなく流通名(商標)で、「エンジェルストーン」とも呼ばれています。他にダイオプテーゼ、キュープライトなどが入ることもあり、青緑系の複雑な色彩が楽しめます。シリカの名前の通り石英が多く含まれるためモース硬度は7とされています。
純粋と浄化を司る日本の国石。4月の誕生石です。
水晶(クリスタル)

Quartz
クリスタルとは“透き通る氷”という意味の“クリスタロス”を語源にしています。日本では水晶と呼ばれ、国を代表する国石でもあります。古くから様々な装飾品等に利用されてきた石で、最も親しまれている石と言えます。4月の誕生石でもあるクリスタルは、古くは“水精”とも呼ばれており、精霊の宿る石、霊石として神聖視されており、その素晴らしい浄化力と調和力とによって万能のパワーを持つ石とされてきました。“純粋と浄化”を象徴し、そのパワーは“調和、統合、強化”をもたらします。水晶の輝きが負のエネルギーを浄化し、心身を活性化させ、直感力と創造力を強化、潜在能力を発揮させて進むべき道を照らしてくれます。尚、形状やインクルージョンによりそのパワーが変わります。
金運を引き寄せる商売繁盛の石。
クリソコラ

Chrysocolla
銅を含んだ鉱物から生まれる二次鉱物でマラカイトと非常に良く似た石です。単独で採掘されることはほとんどなく他の鉱物と混ざり合った形で産出します。マラカイトやアズライトと混合した美しいマーブル模様の物がよく見られます。名前の由来はギリシア語の金(chryso)と膠(colla)です。古代ギリシアの宝石加工師たちが金を繋ぎ合わせる接着剤として使用していたという伝承によるようです。そのため「金を引き寄せ繋ぎ止める石」とされ、商売繁盛の石として人気があります。和名は珪孔雀石です。硬度が低いため人工的な表面加工をされたものが一般的ですが、稀に天然のクォーツによってコーティングされた状態で産出するものがあり、これはジェム・シリカと呼ばれます。地球を思わせる風貌から大地と自然を表す石とされており、また幸運な出会いの石として子宝に恵まれるとされています。
調和と安定を司る穏やかな守護石。
クリソプレーズ

Chrysoprase
呼び名の由来はギリシャ語の“chryso(金)”と“prason(ニラ/韮・緑色)”を合わせた造語とされています。和名は“緑玉髄(ぎょくずい)”で玉髄(カルセドニー)の一種です。翡翠によく似ており、主な原産地がオーストラリアであることからオーストラリアジェードと呼ばれることもあります。かのアレキサンダー大王の守護石であったことからも、古くから護符として崇められていた石であることがわかります。緑色の石は全般的に“調和と安定”を司るとされ、不安や緊張をほぐして心穏やかにやさしい癒しをもたらしてくれると云われています。
シャーマンクリスタルと呼ばれる開運水晶。
グリーンファントム

Green Phantom
何千万年もの時を経て水晶が成長生成される過程において、緑色の苔状物質が一定方向に並び、ピラミッドのような山状の層が幾重にも見られる物で、和名は“緑幽霊幻影水晶”と呼びます。別名を“シャーマンクリスタル”と云い、呪術に依り夢や願望を叶えてくれるとされてきました。とても神秘的なファントム水晶は、隠されたヴィジョンを映し出し、潜在能力を活性化させて洞察力を高めるとされており、発想力や企画力を高めてビジネスの発展をサポートすると云われています。中国では事業運・金運・財運・人生運などが日を追うごとに良くなるとされ、古くより代々大切にされてきました。日本でも、開運水晶としてその名が広く知られています。
純粋さと無償の愛を象徴するライラック・ピンク色の石。
クンツァイト

Kunzite
近年米国カリフォルニア州で発見された比較的新しい石で、語源は米国の高名な宝石学者「クンツ博士」に由来すると云われています。ライラック・ピンクの美しい石で“純粋さと無償の愛”を象徴します。他者へ愛情を注ぐことの大切さを教えてくれる石でもあります。傷ついた心に宿る無意識。愛することへの後ろ向きな感情や不信感、不安や恐れを和らげ、心を前向きに導き、新たな愛へ踏み出す勇気、純粋な愛をあらわす力を与えてくれます。その純粋な愛こそが、幸せへの道しるべと気付かせてくれるのです。またこの石は心と体のバランスを安定させ、広く優しい思いやりの心を育んでくれるので、交友関係を穏やかで豊かなものにしてくれると云われています。
周期表32番目の元素。健康増進に効果。
ゲルマニウム

Germanium
ゲルマニウムは118ある元素の1つ、周期表32番目の「元素」です。金属でも鉱物でもない“亜金属”“半金属”といわれる中間的性質を持った物質で、金属的光沢のある青みがかった灰白色をしています。呼び名の由来は発見者のドイツ人科学者により、ドイツの古称“ゲルマニア”から“ゲルマニウム”と命名されました。パワフルな物質として知られ、独創性と芸術的な感性を高めるとされています。また健康増進の効果があるとされ、特に血液に関する不調に高い効果があるとされています。血液浄化・血行促進、神経細胞の活性化、免疫力・自然治癒力の増進、抗加齢予防、体の電位バランス調整など様々な観点から医学的注目を集めており、肩こり、腰痛の改善を謳った健康器具も多々あります。また、体を温める効果から 温泉や浴槽器具にも利用され、冷え性の改善に効果があるとされています。
潜在能力を引き出してくれる石。
コスモオーラ

Cosmo Aura
アクアオーラとともに非常に人気の高いオーラ系クリスタルの1つ。コスモオーラはチタン等をコーティングしたオーラ系クリスタルで、色合いからタンザナイト(タンジン)オーラとも、天上のクリスタルとしてセレスチャルオーラとも呼ばれています。加熱した水晶に高温でイオン化した金属を蒸着させるという錬金術的な加工法を施した、自然と科学の融合とも言えるクリスタルです。オーラ系クリスタルはアメリカのヒーラーを中心に非常に人気があります。本来の水晶が持つオールマイティーで最強の幸運をもたらす素晴らしい浄化力に加え、蒸着されたそれぞれの金属が持つパワーが合わさりとても強いエネルギーを持つとされます。非常に高いバイブレーションをもって、身に着ける人の潜在能力を引き出しインスピレーションを高めます。またオーラを清め、心身のバランスを整えてくれるプリミティブな効果があるとされています。
海の宝石・珊瑚。3月の誕生石です。
コーラル(珊瑚)

Coral
コーラルは珊瑚の石灰質骨格であり、鉱物ではありませんが、古くから海の宝石として大切にされてきました。3月の誕生石とされています。南国の明るい海と幸せな人々の笑顔がイメージされる珊瑚は、持ち主に大らかで前向きな姿勢を与え、どんな困難でさえも楽天的に受け止めて前進する活力を高めてくれると云われています。感覚の先鋭化ではなく、むしろ鈍化させてより大きな包容力や寛容力を引き出してくれるともされています。しかし、近年の地球環境と気候の激変に依り珊瑚礁は激減しており、その存続が危惧されています。珊瑚は地球環境のバロメータとも言える海洋生物なのです。
金を蒸着させた水晶。
ゴールデンオーラ

Golden Aura
ゴールデンオーラは人工的に作られた宝石の一種です。アクアオーラやコスモオーラ同様に錬金術的な手法により生みだされた水晶です。ゴールデンオーラは真空内において水晶を熱し、その後高温に熱してイオン化した金の蒸気を添加することで、金原子が水晶の表面に蒸着し独特の金属光沢を水晶に与えているもので、色合いは透明感のある黄金色です。表面に現れる反射光は 金銀色を纏い、コーティングクリスタル(オーラクリスタル)独特の光沢を持ちます。水晶の持つ総合的な強化と浄化パワーに、金の持つ心身のバランスを保つパワー等を加えて強化された水晶なのです。 水晶の透明度で美しく金色に輝くゴールデンオーラは、精神面での成長を促してあらゆるものを純粋に、豊かにしてくれるパワフルな石です。 また、金の影響を強く受けているその色合いから金運を高めるとも言われています。