LINE@I am here

現在のカゴの中

商品点数:0点

合計金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

幸せな結婚を象徴。8月の誕生石。
サードオニキス
太陽の名を持つ勝利の石。
サンストーン
高貴さの象徴。9月の誕生石です。
サファイア
商売繁盛と豊かな富を象徴する幸運の石。
シトリン
東洋の魔石。5月の誕生石です。
ジェード(翡翠)
サイキックパワー&ヒーリングパワー。
スギライト
内面の充実・安全を象徴する石。
スピネル
安定と統治を象徴する石。
スモーキークォーツ
7つの鉱物を含有した石。
スーパーセブン
天使の名を持つ守護石。
セラフィナイト
清浄・博愛・休息を象徴する石。
セレスタイト
洞察力、判断力、直感力を高めてくれる石。
セレナイト
幸せな結婚、夫婦和合の愛を象徴する8月の誕生石です。
サードオニキス

Sardonix
8月の誕生石であるサードニクスは、紅色と白色の縞模様を持つカルセドニー(潜晶質石英)の一種で、和名は“赤縞瑪瑙”です。サードとは紅色や赤褐色の石英を指し、オニキスとはギリシャ語で“爪”という意味です。サードオニキスと呼ばれることもあります。柔らかな色合いを持つこの石は、若さと美しさを引き出し、周囲の人々にも幸福をもたらすと云われています。愛情と情熱を高める効果があるとされ、愛と美の女神アフロディーテのギリシャ神話に因んだ石として、愛のキューピッドとしての役割を果たす石とされています。“幸せな結婚”“夫婦和合”の愛を象徴し、恋人、夫婦、家族などを深い絆で結びつけると云われています。
太陽の名を持つ勝利の石。
サンストーン

Sunstone
太陽の名を持つ石で、ヘリオライトとも呼ばれます。ギリシャ語で“太陽の石”を意味します。太陽神の象徴として崇められ、太陽のパワーを引き出せる石と信じられていました。闇と邪悪を祓う護符として用いられていたと云われています。アヴェンチュリン効果によりまばゆい輝きを放ちます。和名は“日長石”と呼ばれ、ムーンストーン(月長石)とは対照的な性質を持つとされています。また、非常に強力な“勝利の石”としても知られており、眠っている才能や能力を引き出して、自信や積極性を高めてくれるとされます。また、その行動力を存分に発揮させて、勝利と成功へと導くとされています。
高貴さの象徴。9月の誕生石です。
サファイア

Sapphire
9月の誕生石であるサファイアは、ラテン語の“sapphirus(青)”が呼び名の由来とされています。和名は“青玉”です。コランダムと呼ばれる鉱物の1つで、赤系の色合いを持つ石がルビー、それ以外はサファイアと呼ばれています。四大宝石としてあまりに有名なサファイアは古くから高貴な石として皇族王家に好まれ、高貴さの象徴でもありました。石言葉は“真理”“誠実”“貞操”で、永遠の愛を誓う心の象徴として好まれ、結婚指輪にされる石でもあります。また深みのある青色は“知性”を高め精神を安定させるとともに、その色合いは母なる海をも思わせる所から“慈愛”を高め“まごころと思いやり”を育むとされています。
商売繁盛と豊かな富を象徴する幸運の石。
シトリン

Citrine
和名は“黄水晶”で、黄色透明な水晶をシトリンと呼びます。語源はこの石の色が柑橘類のシトエンの果実に似ていることに由来しています。シトリンは「商売繁盛と豊かな富」を象徴する「幸運の石」として大切にされてきました。明るく前向きな積極性と希望や勇気をもたらし、それが人とのコミュニケーション能力を高めてくれます。また、困難を克服する知恵や創造力は商売運や財運を高めてくれるのです。一方ヒーリング力にも優れており、内面からの若さを保ち、心身の健康とバランスを安定させて、ストレスのない穏やかな心、冷静な判断力や揺るがぬ信念をもたらしてくれると云われています。
東洋の魔石。5月の誕生石です。
ジェード(翡翠)

Jade. Jedeite
翡翠の名の由来は、中国において“翡翠(カワセミ)”をイメージさせることから“翡翠玉”と呼ばれたことにあります。五徳(仁義礼智勇)を高め、神秘的な霊性が宿ると信じられ、日本でも“豊穣・生命・再生”をもたらす神聖な石、幸運の石として大切にされてきました。歴史的には日本が最も古く、縄文時代から勾玉として使用されてきました。翡翠は5月の誕生石であり、古来世界各地の人々より“東洋の魔石”、“聖なる護符”として崇められてきた石です。それは“忍耐・調和・飛躍”を象徴し、大いなる叡智と人徳を与え、秘めた能力を発揮させてあらゆる成功と繁栄をもたらし、また冷静沈着な忍耐力は災いを退け、安眠をもたらすと云われています。日本人なら縄文文化に想いを馳せ、是非とも一つは手にしたい石と言えるでしょう。
サイキックパワーとヒーリングパワーを持つ石。
スギライト

Sugilite
日本で発見された新鉱物で、発見者の名前が呼び名の由来です。和名は“杉石”です。しかし流通する紫色のスギライトは南アフリカ産の石であり、日本産のスギライトは色合いが違います。一般的にスギライトと呼ばれている石は南アフリカ産を指します。アメリカでの人気が高く、鉱物としては1、2を争うほどのサイキックパワーと、ヒーリングパワーを持つ石とされており、ラリマー、チャロアイトとともに3大ヒーリングストーンと云われています。“癒し”を象徴する石であり、“永久に変わらぬ愛”を象徴する石ともされており、運命の人との出会いへと導いてくれると云われています。また心の奥底に浸透して心身のバランスを正して若返らすとともに、悪夢や邪念、災いから身を守ってくれるとも云われています。
内面の充実・安全を象徴する石。
スピネル

Spinel
呼び名の由来はラテン語の“spina(棘/尖った先端)”ではないかとされています。和名は“尖晶石”です。スピネルには様々な色合いがありますが、最も強くイメージされるのはルビーのような赤色です。それ故、この石はしばしばルビーと間違われ扱われてきた歴史があります。英国王室の“黒大使のルビー”とされるそれも実はスピネルなのです。スピネルは“内面の充実・安全”を象徴します。努力、進歩、向上心を高めて、目標に向かって前進する意欲をうながしてくれると云われています。また赤い色合いが心身ともに活力を与え、物事に対して情熱的に取り組めるように導いてくれると云われています。
安定と統治を象徴し、情緒を安定させる石。
スモーキークォーツ

Smoky Quartz
微量のアルミニウムを含有した水晶が、自然の放射線によって煙色ないし茶色に変化したもので、和名は“煙水晶”です。かつてはスコットランドの山脈が主要な産地だったため、その山の名から“ケアンンゴーム”と呼ばれていました。“安定と統治”を象徴します。情緒を安定させるとともにストレスを緩和して、心穏やかにリラックスした状態に導いてくれると云われています。また、”高潔かつ真摯”な気質を持つ石とされており、持ち主が堅実な性格であれば、恋愛に仕事に様々な力を与え手助けしてくれると云われています。
7つの鉱物を含有した石。
スーパーセブン

Super Seven
スーパーセブンは7つの鉱物、水晶、アメシスト、スモーキークォーツ、カコクセナイト、レピドクロサイト、ゲーサイト、ルチルを含有した稀な石です。米国のクリスタルヒーラー、A・メロディ女史により名付けられました。別名は彼女の名を冠した“メロディストーン”で、“セイクリッドストーン”とも呼ばれます。メロディ女史によれば、この石は“宇宙の核たる石”であり、カルマや因果、輪廻の可能性を受け入れ、個人と集合としての人間の双方に平和、調和、統合を与える大いなる叡智を持った石とされています。宇宙的な高次の領域にアクセスし、神秘たる大いなる意思をメッセージとして受け取り、その波動を持ち主にもたらすと云われています。また、愛と調和により人としてあるべき“美”を具現化させてくれる石とされています。
天使の名を持つ守護石。
セラフィナイト

Seraphnite
クリノクロアとも呼ばれる石で、クローライト(緑泥石)に属します。呼び名の由来は天使の最上位名である“熾天使(セラフィム)”で、石の模様が天使の翼のように見えることからそう呼ばれているようです。和名は“斜緑泥石”です。森に舞い降りた天使を思い描かせるセラフィナイトは、繊細でやさしく温かい癒しの波動を放ち、持ち主の心の奥底に語りかけて、高次の意識にまで導くいてくれるとされています。また、コミュニケーション能力を高めて受け入れられやすい人柄をもたらし、交友関係を広げて人間関係を円満に導いてくれると云われています。邪悪なものから身を守ってくれる石でもあります。
清浄・博愛・休息を象徴する石。
セレスタイト

Celestite
名の由来は“天国のような”という意味のラテン語で、和名は“天青石”です。セレスタイトがさらに長い時をかけて圧縮されたものは“エンジェライト”と呼ばれています。セレスタイトの青は“天空”の色合いであり、それは深い慈愛で魂に安らぎをもたらし、浄化して天空に導くものとされています。持つ者に安らぎと清らかさ、安眠をもたらす石とされており、“清浄”“博愛”“休息”を象徴します。ストレスを軽減し、心を安寧にして癒してくれると云われており、寝室に置くとよいとされています。なお、傷つきやすい石なので丁寧な扱いが必要です。
洞察力、判断力、直感力を高めてくれる石。
セレナイト

Selenite
セレナイトという呼び名は月を意味するギリシャ語の“Selenites”に由来すると云われています。和名は“透石膏”です。石膏(ジプサム)の変種で、無色透明な結晶のものをセレナイトと呼んでいます。古代ギリシャ人は月とともに満ち欠けする神秘的な石と信じ、またケルト人は神聖なる石として崇めていたと云われています。過去から連なり、そして未来へ連なる自己の魂との時空を超えた出会いへと導き、持ち主に魂の真実を悟し、意識の覚醒をうながすと云われています。洞察力、判断力、直感力を高めて混乱を解消し、安定した感情へ導いてくれるとされています。